てやん亭゛・ジョウモン・ミートマン・バードマン・ごりょんさんのガンさんこと"岩澤博"率いるベイシックス・オフィシャルサイト

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

グッドファット 岡村良太氏

グッドファット岡村良太

略 歴

有限会社グッドファット
代表取締役 岡村良太氏
www.goodfat.jp

1974年東京都生まれ

4歳から12歳までお父様のお仕事の関係で、ドイツ、アメリカ・ロサンジェルスと海外で過ごす。

帰国後、成蹊大学付属中学、高校、大学と進学。
大学在学中は本格的にバスケケットボールに打ち込む傍ら、練習後はてやん亭゛西荻窪店に入り浸る。

大学卒業後、テング酒場などを運営するテンアライド株式会社に入社、1年半の勤務後ベイシックスに入社。

西荻窪店店長、西麻布店店長、統括店長を歴任したのち2004年1月吉祥寺に「居酒屋ガチャガチ屋」を開業。
現在、居酒屋ガチャガチ屋、骨付き鶏もも焼き もも吉、うどん酒場とらたま、藁ウ鴨ニハ福来ル(わらうかもにはふくきたる)の4店舗を展開。

まさにそこは劇場、いつか自分もこんなお店を持ちたい、魂のよろこびを感じた!
しかしそれは繁盛への貪欲さ、凄まじい程の経営者としての覚悟の上に成り立っていた!!

質問:ベイシックスとの出会いを教えて下さい。

大学4年生のときに部活動の後に友人とたまたま飲みにいったのが始まりだったんです。

さあ就職活動という時に自分なりに考えて、将来は飲食業で開業してみたいという考えを持ち始めていたころだったんです。

大学時代はバスケットをやっていたんですが、結構本格的にやってまして週に5~6日練習があってそれもよる6時くらいから9時くらいが多かったので、その後飲みには行けたんですが飲食店でアルバイトはしたことなかったんです。
それでも、飲食業ってたのしそうだなあ、将来性もありそうだなあ、てのはずっとあったんです。

そんな時にベイシックス(てやん亭゛西荻窪店)と出会ってしまったんです!

いやあもう、衝撃でした。
カウンターの中はホントいつも劇場のように輝いていました。

今でも私の原点は「西荻窪 てやん亭゛」なんです。
シコタさん(現 ダディーフィンガー代表)とコウジさん(現 NISHOGONGO代表)がカウンターで最高のパフォーマンスをして、お客さんがみんな楽しそうで、それを見て僕もこんなお店がやりたいって思ったんです。

質問:しかし卒業後に別の外食企業さんに就職されるんですよね?

で夜な夜なてやん亭゛に飲みに行くようになり、「将来は飲食業で!」という気持ちが固まってきたのですが、
卒業後はテング酒場などを運営するテンアライド株式会社さんに就職しました。

なぜか?
言ってみれば僕にとって「てやん亭゛」は「聖地」だったんですよ(笑)
侵してはいけない「聖地」!

それで飲食店でアルバイトもしたことない、包丁もろくに握ったこともない自分がそこに入るのはオコガマシイという気持ちがあったんで、まずはどこかで基本的な勉強をしようという気持ちでテンアライドさんに入りました。

質問:はじめての飲食店での勤務ははどうでした?

テンアライドさんはすごくいい会社でした。

今では外食企業はブラック企業が多いとか、就業体制が整っていないなどと言われることが多いのですが、テンアライドさんは当時から離職率が非常に低く、休日も月8日でしたし、何よりも教育体制がシッカリしていて、包丁の握り方から、灰皿交換の仕方など、ホント一から教えていただきました。本当に感謝してます。

約1年半ほどテンアライドさんでお世話になって、
やっぱり僕は将来はお店を持ちたい、独立のための力を付けれるのはここではないと思い、ついにベイシックスに入社しました。

グッドファット岡村良太

繁盛する事への貪欲さ、繁盛していないのに「いいお店」なんてあり得ない!

質問:ベイシックスに入ってみてどうでしたか?

ベイシックスに入って痛感したのは、オーナーのガンさんはじめ皆が、
店が好き、仲間が好き、人に喜んでもらうのが好き、
ていう事なんです。

全てはそこから始まっていて、だから皆でもっといい店をつくって、もっと喜んでもらおうと努力する、という好循環に繋がっているんだと思います。

毎晩のように行われるミーティングと言う名の飲み会の席でもガンさんや先輩に何でも相談できましたし、先輩たちも腹を割ってそれに真剣に答えてくれました。
同僚同士でもどうしたらもっとお客様に喜んでいただけるのか、一緒に真剣に話し合っていました。
本当に切磋琢磨していました。

ある時に先輩の武さん(現 白金このむ代表)に、玉子料理ってなんでこんなに美味しいんですかね?て尋ねたら、
流石に「知らない」と言われましたが(笑)

それと「繁盛すること」への貪欲さがすごいんです。そしてそれを諦めないんです。

こう言うと利益至上主義って思われそうですけど、そうではないんです。

居酒屋って繁盛してないと、いい雰囲気を作れないんです。

ガンさんにとっては美味しい料理を作ることや、いい接客をすることと同じく、繁盛させることは店づくりの一つなんです。

一見、朝令暮改というような指摘も、「なぜ」を考えると今はそれがお客様に喜んでもらえて、繁盛に繋がるからという事がよくあるんです。
「ええ、この前はああいってたのに」なんてしょっちゅうなんですけど、繁盛するためという理由に対しては決してブレていないんです。

だから繁盛していないとダメなんです。繁盛していないのに「いいお店」ってのはあり得ないんだということを叩きこまれました。

生きて行くためのホンモノの力、魂がよろこぶ店づくり!

質問:今独立してみて人材育成についてどう考えていますか?

ガンさんの経営理念でもある「店づくりは人づくり」という言葉は本当にその通りだと思います。

人が育ってなければ、店も育つわけはないのです。

で、人が育つためにはやはりそれぞれが自分で考えて動いてみるしかないと思うんです。その繰り返しでしかホンモノの力はつかないと思うんです。

それとやっぱりやらされるより、自分から能動的にやってみる方が仕事って楽しいに決まってるんです。
仕事を楽しむとはそういうことだと思います。

私もベイシックスでその様に育てていただきましたが、やはり任せてみるという事を心がけています。

自分で考えて、楽しみながら全力でトライしていたら、いつの間にか生き残っていける力がついている!
というのが理想です。

そこには痛みを伴うかもしれませんが、それでしか生きて行くためのホンモノの力はつかないと思うんです。
そしてその力が、嬉しい、楽しい、美味しいを越えた「魂がよろこぶ店づくり」に繋がるのだと思います。

その昔自分がてやん亭゛西荻窪店に行った時に本当に嬉しかった、楽しかった、美味しかった、
なんかそれを越えたような感動があった。

まさに魂がよろこんでいた気がします。

そんなお店をつくれる人材育成が必要だと思っています。

三鷹うどん酒場とらたま

質問:飲食業の面白さは何ですか?

飲食業は全ての課程が楽しいんです!

例えば何かのメーカーだとしたら、地道な市場調査から、研究、試作、宣伝、販売、それで結果が良かったら、そこでやっと「ああよかった!」ですよね?!

でも飲食業は、視察で食べ歩いて楽しい、商品開発で自由に表現して楽しい、それをお客様に提供して喜んでいただいてまた楽しい。尚且つそれで売り上げが上がって給料が上がればまたまた楽しい(笑)

どの課程でも誰でも楽しむことが可能なんです。

質問:これから独立しようと思っっているベイシックスの後輩たちに一言

私はベイシックスに勤めて4年半くらいの時に一度、ガンさんに独立退職の相談をしたことがあるんです。
そしたら天地がひっくり返るんじゃないかくらいの勢いで「オメエに何が出来るっつうんだよ?」て猛反対されたことがあるんです。

多分時間的には数分の事だったと思うのですが、何時間にも感じて怖いのと悔しいので涙を抑えるのが精いっぱいだったのを覚えています。

店長もやった、そこそこ結果も出した、統括店長もやった、お店の立ち上げもやった、
なんであんなに反対されたんだろう?としばらく悩みました。

でわかったのはガンさんの言う「何が出来る?」は、経営者として「何が出来る?」かという事で、経営者として、あるいは経営者だったらとどうするかという考え方をしていないことを指摘されていたんです。
それと経営者になる覚悟の甘さを指摘されていたんですね。

居酒屋の店員として一通りの作業がこなせるようになればいいという考えで接してくれているのではなく、そこから次は経営者として、従業員を食べさせていくには?どうやったら永く続けられるお店をつくっていけるか?そこまでを教えてくれる、いや試させてくれるのがベイシックスだったと思います。

生き残って行くためのホンモノの力をつけてください!

楽しんで頑張ってください。

岡村 良太氏のお店のご紹介

居酒屋ガチャガチ屋

IMG_2156

入り口のガチャガチャはお店の守り神だそうです。ホッピーや赤ちょうちん、懐かしい居酒屋らしい居酒屋さんです。自家製手打ちうどんは本格派!

〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町1-29-5 MAP
TEL 0422-20-5554
www.goodfat.jp/?page_id=4

骨付き鶏もも焼き もも吉

IMG_2193

東京で骨付きのもも焼きと言えば「もも吉」。ジューシーさもボリュームも大満足の逸品。是非かぶりつきで食べてくださいね!

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-34-3 MAP
TEL 0422-20-0345
www.goodfat.jp/?page_id=270

うどん酒場とらたま

IMG_3448

手作り惣菜とお酒をいただいた後は、本格派の讃岐うどんで仕上げましょう。東京では珍しいうどん酒場です。三鷹に行った際は是非是非!

〒180-0006東京都武蔵野市中町1-15-5 MAP
TEL 03-6265-0139
www.goodfat.jp/?page_id=1313

藁ウ鴨ニハ福来ル

IMG_4333

ここもユニークなお店で藁(わら)で炙った鴨をしゃぶしゃぶするのがお薦め料理。その他、美味しい国産鴨のお料理をいろいろと楽しめますよ。

〒180-0003東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-8 MAP
TEL 0422-24-9383
www.goodfat.jp/?page_id=2365

2016/8/24 9:00 卒業生に訊く