てやん亭゛・ジョウモン・ミートマン・バードマン・ごりょんさんのガンさんこと"岩澤博"率いるベイシックス・オフィシャルサイト

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

“ギラギラした『夢』”って、”物凄くリアルな『目標』”の事だぜ。・そこにお店のストーリーは成り立つか?・自分が自分に真っ先に飽きる

“ギラギラした『夢』”って、”物凄くリアルな『目標』”の事だぜ。

六本木の『くるくるBAR』でスタジオムーンのメンバーと遭遇しました(//∇//)

私のお店は全てスタジオムーンの金子氏のデザインです。

32才で独立した時からずっ店舗デザインはスタジオムーンです。

金子さんも今や売れっ子デザイナーですが
独立した時は
知り合いの事務所の隅っこを間借りしていました^^;

私も9坪の小さな居酒屋を一人で切り盛り…

吉祥寺の居酒屋で呑みながら話したのを今でもよーく覚えている、、、

俺は店を西荻窪で一番の居酒屋にして必ず2号店出します!みたいな…

金子さんは良い店を造り続けて皆んなが繁盛店のオーナーになれる様なそんな店を造り続けますよ!ガンちゃん!みたいな…

お互いにお金は無かったけど

なんかギラギラした『夢』と言うか

物凄くリアルな『目標』ってヤツを持っていましたね~

そんな僕と金子さんは間違い無く『ボロは着てても心は錦』だったと思う。

僕はホンダスーパーカブに乗り
荷台に仕入れた食材を段ボール箱に
二段、三段と積みながら西荻窪の街を走って店に通った

金子さんも
間借りした場所に図面を引くテーブルを所狭しと置いて必死に図面を引いて仕事をしていた

僕は毎日毎日御客様を楽しませれば
必ず一番の居酒屋になれると信じて店に立った

金子さんは良いデザインのお店を造り続ければ
きっと他からも仕事が頂けると信じて図面を引きまくっていた

いつしか金子さんのスタジオムーンは
港区西麻布に事務所を構えて
海外でも栄えある賞を取るデザイナーとなった…

そしてこの僕も
西麻布の店はイギリスガーディアン誌が選ぶ『東京トップ10居酒屋』で1位を獲得した…

夢は叶う?

いやいや夢は寝ている時に見てろ!それが夢。

そんな事よりも

よりリアルな目標に常に挑み続ける

それが一番大切な事だと僕は思う。

 

 

 

そこにお店のストーリーは成り立つか?

スタッフと大手町の地下街に新たにオープンした商業施設『よいまち』に行って来ました。

 

実はこの『よいまち』

1年半ほど前にデベロッパー側からオファーを頂きまして、私と出部の二人で話を聞きに行った事がありました。

 

しかし、

まず、土日祝祭日が全く効かないという事

次に、ランチはかなり見込めるとの事ですが
ランチで忙しい事ほどスタッフがつまらない営業は無い…という事^^;

それと
何と言っても
商業施設への出店は『BASICS』らしく無い!!!

と、私の身勝手な考えの元、出店を御断り致しました。

 

あの時のデベロッパーの方々の御説明通り
なかなか個性派の実力店が揃い
なかなか色気ある良い飲食店街が出来上がってました

 

たまたまその場に居合わせた
佐藤こうぞう氏に言われました。

この上に何とかとか言う大企業が移転して来るので
人の流れが変わってここの商業施設は良くなりますよ~
出店を断って後悔しても遅いですよ~

だって…(-_-;)

 

その通りなんだろうけど…

 

我々『BASICS』はね
そーゆー他力本願で御客様が来てくれても
これっぽっちも嬉しく無いの

そんなんで繁盛しても
はたして本当の意味でスタッフは育つのかいナ???

いったいそこにお店のストーリーは成り立つのかいナ?

飲食店てーのはサ

店を繁盛させるまでの『ストーリー』が大切だと思うワケ。

商業施設に出店して

店が繁盛して

そこにいったいどんな『ストーリー』かあるのかね?

俺にはわからんのよね~

やっぱスタッフ達がその『ストーリー』の主人公になれる様な店じゃなきゃ

おれは店をやっても意味が無いっつーか…
意味無くは無いのだろうけど
俺自身はつまらないんだよね、、、

俺自身は儲かっちゃうかも知れんけど^^;

なんか気持ち的にエキサイトしねーんだよなぁ…

ウチのスタッフ達は皆将来自分の店を持つ事

つまり独立を想定してウチで頑張って働いているワケで
そんなスタッフ達は初めから良い立地条件での出店なんてあり得ないじゃないですか?

やっぱ最初に出す店は
ニ等地はおろか
三等地、四等地などの悪立地になるに決まってる
だからこそその時にスタッフ達が『BASICS』で学んだ、、、

『悪立地に勝つ』という事

を遺憾無く発揮出来る様な実力を身に付けてないと繁盛店なんて作れる訳が無いのですよ…

と、まぁ

これぐらいの負け惜しみでも言わせて下さいナ(-_-;)

こうして飲食業界で数々のしくじりを経験して来た『飲食業界のしくじり先生』の俺は
またもしくじった感がありますが(ToT)

アホなスタッフ達と
これからも悪立地で力強く生きていく事を誓い合いました(-。-;

 

 

 

自分が自分に真っ先に飽きる

『楽』にいる時にオヤジから教わった事。

『飽きる事に飽きない』

つまり御客様に飽きられる前に

自分達が今やっている事に飽きてしまえ!!!

そーゆー意味でございます。

自分のお店の中で唯一の『総合居酒屋』として
もうかれこれ20年は続いている西麻布店、、、

実は相変わらず根強い人気があるお店なのです。

売上的には一時約500万程まで落ち込んでお店自体の撤退も考えました…

そこで私は店長に言いました

どーせ店潰すなら
なんか面白い事をやってみて
それでもダメなら潔く撤退しよう!

そう心に決めて始めた企画が
西麻布伝説の『必殺女子会コース』だった。。。

すると
この『女子会コース』が口コミやSNSなどで
じわりじわりと女子の間に広がり始め
売上は倍の1000万を超える復活劇を成し遂げてしまいました^^;

だが…

 

俺はこのメニューに飽きた

もう、この料理に飽きた

 

さあ、次だ!次!

 

 

 

 

※岩澤博のブログ「ガンさん日記」より、抜粋してお知らせいたしました。

2017/3/5 23:22 トピックス