てやん亭゛・ジョウモン・ミートマン・バードマン・ごりょんさんのガンさんこと"岩澤博"率いるベイシックス・オフィシャルサイト

大変な中、本当にありがとう。・ひとりの経営者として・着実に匍匐前進で・東京都心型の飲食店は厳しい・夢にまで見た光景

2020.6.1 トピックス
大変な中、本当にありがとう。

昨日後輩君たちがジンギスカンを食べに来てくれた。

ジンギスカン鬼喰い中。

近くの「ごりょんさん」に移動してワインを二本御馳走させて頂きました(笑)

久しぶりに後輩君たちの顔を見て元気を頂きました。

皆んな

大変な中

本当にありがとう🙏

 

 

 

ひとりの経営者として

友達がFacebook投稿した記事が話題になってる

ーーーーーーーーー

世間は本日、給料日     
声を大にして言いたい
3.4.5月全社員、減給ナシ、お給料100%全額支給、
今後の全社員の期待値を
込み込みで‼︎期待しかない!

ーーーーーーーーー

全くの同感です。

後輩君たちともこの話題になったけど

経営者として

先ずは「社員の生活」を守ることが最優先だよね

うちも売上が昨対7割の3月、殆ど全店舗休んだ4月、そして今月の5月、社員全員給料満額支給です。

 

緊急事態中も僕は頻繁に同業の友達と情報交換や意見交換しまくった。

 

やっぱ皆んな同じ考えでね

こーゆー時にこそ

社員の生活を守れるか守れないかで

経営者としての本質が問われるだろ

経営者としての器が疑われるだろ

そんな意見で一致した。

んで

皆んなで腹を括った。。。

 

まぁ

この緊急事態中

なんとか踏ん張って

乗り越えれば

売上も普通に戻って

借金返して

また盛り返してやるぞ~

 

 

 

着実に匍匐前進で

攻撃こそが最大の防御であり

会社の成長

及び

社員たちの成長に繋がると信じてますので

守りには入りません

中には「コロナバブルに乗れ」とか言ってる経営者も中にはいるけれど

俺は、それとは全く違う考えです。

元々私はアタマが悪いので

アホなので

そーゆーバブルに乗るとか

無理なんです

偏差値38の私にはムリなんです( ̄▽ ̄;)

 

だから地味に行きます。

着実に進みたいです。

こんな時こそ

亀のように

地面に這いつくばって

匍匐前進の如く進みたいんです。

 

 

 

東京都心型の飲食店は厳しい

緊急事態解除後

初の情報交換会が渋谷ビストロミートマンのテラス席にてジンギスカンを食べながら行われました。

 

色々な情報

経営者は経営者でも

それぞれが様々な立場におかれ

想う事もたくさんある。

 

中でも「東京レストランツファクトリー」の社長のナベちゃん。

年商は約60億で未上々。

主に東京都心の商業施設や路面に店舗を構えている。

 

そして御当地グルメの先駆者「ファンファンクション」の合掌社長。

日本橋などの中央区を中心に店舗を展開してます。

 

ナベちゃん

合掌くん

俺は

やっぱかなり厳しいという意見。

まだ緊急事態解除して2日目だけど

解除前と全く同じ状態です。

お店にお客様は来ません。

 

ナベちゃんは言う

もう人々の心が変わりましたね

完全にマインドが変わりましたね

あと一月や二月で戻るとかどうこうじゃ無いですね

完全に戻る頃までにキャッシュアウト

つまり倒産してしまいます

先ずはそれを避けるための努力をしないとダメですね

特に僕らの様に東京都心型店舗はもうダメだと思いますよ、、、

郊外型店舗はまだ全然大丈夫ですね

既に7割以上は売上回復傾向にありますからね。

 

名古屋に行って来た友人の話だと

既に名古屋は全く普通に戻っているそうだ

某飲食店の売上まで拝見して来たそうだが

100%までとは言わないが

東京都心に比べたら

天と地程の差を感じたそうだ。

 

恐らく

俺には正直言えないのかも知れないけど

博多もほぼ同じ様に回復しているに違いないです

 

ナベちゃんと合掌くんとも意見は一致しました。

よーするに

瀕死の状態から抜け出せないのは

我々東京都心型の飲食店だけだと言う結論に達しました。

 

イナケンが最後にこう言って締めくくった

仮に
今日、ここに集まった飲食店経営者の店が潰れる様な事になったら、日本の飲食店の7割は潰れますよ!

 

イナケンが何を言いたいのかは分かるよね?

 

僕のお店は全店舗

とりあえず今月いっぱいで昼間のテイクアウトや弁当の販売は全て終了します。

そもそもテイクアウトや弁当のはんばは、我々本来の戦場で無いし

時短営業をやめて通常営業に戻した今

労働時間も長くなってしまうのは決して良くない事だと思いますしね

だから

本来の我々の主戦場であるべき「夜のみの営業」に来月から戻して戦います。。。

 

マザーズのヨシタケや

ナベちゃんが何度となく言ってた

俺の店にはスタッフのマンパワーがあるのだと

タレント揃いのスタッフのマンパワーがあるのだと、、、

そんな居酒屋が潰れる訳が無いんですよ!

これから生き残る飲食店は

個人経営の様な「マンパワー」が突き抜けた飲食、居酒屋だけだと思います!!!

酔ったヨシタケもナベちゃんも

何度も何度も同じ事を繰り返して言ってた(笑)

 

少し酔った俺も

二人の話を聞きながら

心の中で「そうあってもらいたい」、、、

そう思いました。。。

 

我々東京都心型店舗の

本当の意味での「緊急事態」は

正に

これこら始まろうとしている。

 

 

 

夢にまで見た光景

丁度二年前の5月29日は

奇しくも

TV東京の「カンブリア宮殿」の撮影が開始されてた日だ。

(これがその時の写真)

一通りの撮影が終わり

最後に村上龍さんと対談した時

西麻布の店で酒を飲みながら村上龍さんが僕にこう言った。

ーーーーーーーーー

岩澤さんの店は最初から繁盛していたのですか?

いえいえ最初は小さな居酒屋を私一人で切り盛りしてて、売上も殆ど無く苦しい状況が続きました。

では初めてお店が満席になって繁盛した時は嬉しかったでしょう?

はい…その時の事は今でもハッキリと覚えています。

ーーーーーーーーー

そして村上龍さんが言いました。

 

その時の喜びの気持ちと
お客様への感謝の気持ちをずっと忘れないでいられる人が飲食店で成功出来る人だと思うなぁ…と。。。

 

2020年5月29日の金曜日は正しくそんな感じでしたね、、、

 

三月以来やっと一部の店

ほんの一部の店舗で満席近くまでなりました。

僕は渋谷ビストロミートマンで後輩と一緒だったんだけど

久しぶりに

あれよあれよと席が埋まっていく光景を見ながら

泣きながら呑みました(笑)

正に

それは

夢にまで見た光景です。

ありがたいことです。

 

スタッフ達はこの二ヶ月間で

今まで経験した事の無い様な苦労を味わった筈だ。

お弁当やテイクアウトで1万円を売る事の大変さや、そのたった1万円の売上の価値を身に染みて感じた筈だ。

だから僕は

その価値と大変さを

スタッフ達に忘れて欲しく無いんです。

ただ、それだけなんです。

 

それを少しでも理解してくれれば

あの

お弁当やテイクアウトを

必死になって売った日々の経験は

絶対に君たちを成長させてくれたと思いますもんね、、、

 

もう100%回復なんて望まない

とりあえず

とりあえず70%の回復を目指そう!

先ずは50%

そして70%

7割まで回復すれば

何とか会社は回るから、、、

 

 

 

 

※岩澤博のブログ「ガンさん日記」より、抜粋してお知らせいたしました。

2020/6/1 13:38 トピックス