てやん亭゛・ジョウモン・ミートマン・バードマン・ごりょんさんのガンさんこと"岩澤博"率いるベイシックス・オフィシャルサイト

経済回さなアカン!・「死ぬ事以外はかすり傷」なんて俺は思わない・これが極楽スキーだ!・上げたハードルを超えていく

2020.12.28 トピックス
経済回さなアカン!

少しでも北新地の経済回さなアカン

そんなワケで

アキラの店

北新地『石川さゆり』で大阪忘年会。

www.instagram.com/ishikawa_sayuri_/

世界で活躍してる『神谷デザイン事務所』の神谷BOSSも参加された!

二次会はアキラのラウンジ。

三次会は荒木の焼肉。

16時スタート

夜中の2時解散。。。

10時間呑み続け

シングルモルトのストレートを3.4杯呑んだけど

やっぱ上質な蒸留酒は

お酒が残らないね。。。

さて

毎年の恒例行事の大阪忘年会。

来年1月19日は

翌日の浪花の妖怪のセミナー前夜祭を兼ねて

六本木『bistrobird酉男man7-5-7』で

大新年会を開催する事が決定しました。

 

大阪の皆さん…

撃沈してる六本木の私の店で新年会企画、、、

気を遣ってくださいまして

本当にありがとうございます(涙)

 

 

 

 

「死ぬ事以外はかすり傷」なんて俺は思わない

日本全国の居酒屋経営者の皆様

何があっても自ら死を選んではいけません

どんなに心が折れても

自殺なんてしたらアカンですよ  
   
踏ん張りましょう

踏ん張って

踏ん張って   

頑張りましょう

私も崖っぷちです

 

最近

融資をして下さった金融機関の担当者からよく連絡を頂き

様子を伺って来ます、、、

流石にコロナが長引いているから返済が出来るのか?出来ないのかが心配みたいですね(笑)

金融機関の方々

ウチは大丈夫、、、だと思います、、、。

と、言っておこう、、、。

いや

絶対に大丈夫ですので

どうか金融機関の方々

あたたかく見守ってください🙏

もう一度言います
  
日本全国の居酒屋経営者の皆様

心が折れても

絶対に自殺なんてダメよ

誰かが言う様に「死ぬ事以外はかすり傷」なんて俺は思わない

こーゆー人は
まだ
本当の意味の人生の崖っぷちを味わった無いと思うもん。

でも生きてりゃ何とかなるかもしれないじゃないの

自粛

時短

休業要請

日銭商売の居酒屋家業には

あまりにも厳し過ぎる仕打ち、、、

でも

止まない雨はない…

じゃあ

いつ止むのよ~

本当先の見えない戦い(涙)

日本全国の居酒屋経営者の皆様

頑張りましょう😭

 

 

 

これが極楽スキーだ!

苗場はサイコーでした。

天気
雪質
賢太郎の経営するロッヂ
夕食の豚しゃぶ🐽

何から何までサイコーで

下界の辛い現実をすっかり忘れました。

 

皆んなが最高の笑顔になれた。

カッコよく滑っても

転んでも

仲間の群れに突っ込んで転んでも

リフトに乗ってても

皆んなが最高の笑顔でいられる

 

これが極楽スキーだ。。。

 

ゴルフみたいに

突然ブチ切れたり

キャディーに八つ当たりしたり

金銭のやり取りをしたり

そんな後味の悪くなりそうな事は

スキーには一切微塵もない

これが極楽スキーなんだ。

 

二日間

コロナの事なんて

全く考えずに過ごせた…

最高の二日間だったなぁ。。。

 

 

 

上げたハードルを超えていく

今年最後の土曜日。

暗~い六本木の街から抜け出して渋谷「ビストロミートマン」へ移動。

なんじゃこりゃ…

外までお客様が溢れている

超ド満席!!!

ありがたや

ありがたや

コロナ禍の中

殆ど店舗がゲロ暇で倒産寸前の弊社ではありますが

唯一の明るい話題がここ「ビストロミートマン」が20坪で○○○○万とか売れそうな勢いです(コロナ禍で無ければ可能性あったかも…)

 

二年前にオープンした時

ある後輩君に言われた言葉が忘れなれない

 

後輩君「またガンさん随分とハードル上げた店をやりましたね~」と、、、

 

でも

そこから我々の「店づくりと人づくり」そして「店は育てるモノ」への挑戦は始まったわけでして…

そして都内のビストロの繁盛店を巡り回り、とことんビストロ業態の勉強をしました。

 

あーじゃねぇ
こーじゃねぇ

毎日毎日文句を言いながら

お店のスタッフ達と向き合って来たとは思うし

それでも新しいことへの挑戦は楽しかったとも思う

店は暇過ぎたけど楽しかったんじゃねーかなぁ…

 

一年が過ぎてコロナ騒動が始まって、それでも何が何でも流行らせたい一心で店に顔を出してみた

スタッフ達はかなり嫌だったと思うけど

借金しているのはこのオレだから

とにかく店に顔出して文句ばっか言ってた^^;

 

お客様の御意見も聞きまくった

そしてとことん女子目線を意識してみた…

徐々に結果が出始めたのはスタッフの考案したあるドリンクと名物料理だった。

それがSNSで少しずつ話題になって徐々に女性の御客様が増え始めた。

気が付けば店内は毎日殆ど女性客で溢れ返って来た。

そうそう

我々はこの光景を目標にして頑張って来たのだ。

後輩君の言った「上げたハードル」を超えたような気がして妙に嬉しかった、、、

 

 

 

 

※岩澤博のブログ「ガンさん日記」より、抜粋してお知らせいたしました。

2020/12/28 5:26 トピックス