テヤンデー・ジョウモン・ミートマン・バードマン・ごりょんさんのガンさんこと"岩澤博"率いるベイシックス・オフィシャルサイト

真心を込める・愛されるお店・ここからが勝負!・我が創業の街にて

真心を込める

日本和食界の最高峰と言われる新橋の『京味』さんに行って来ました。

店内の写真撮影は禁止です。。。

新橋 京味。

おそらく

死んでも予約が取れないお店であろう『京味』。

またまた光栄な事に伺う事が出来ました。

御歳80いくつ?にもなろう
正に生きる伝説とも呼べる店主の西健一郎さんは
今でもカウンターの中でお弟子さんと共に現場に立つ。

その姿は「料理に命をかける、、、」と言う印象は受けず
お弟子さんたちに対し「人としての生き様、人間としての躾の厳しさ」を教えている様に見える。

仕事は二の次だ
仕事は俺の背中を見て覚えろ
その前に人間として一人前の人になれ

みたいな…?

そんな印象なんですよね、、、

 

料理が芸術的に素晴らしいレベルなのは勿論だけど
店に入って
店主の西健一郎さん自ら
御客様ひとりひとりに前掛けをして下さります。

実に真心を込めて前掛けをして下さります。

実に店主の真心を感じます。

芸術的且つ感動的な御食事を終えて帰り時には我々が角を曲がって見えなくなるまで
ずっとお弟子さんに身体を支えられながら
頭を下げてお見送りをして下さるという現実、、、

凄い…

料理は死んでも真似は出来ないけれど

この真心を込めたサービスと言うか何と言うか、、、は真似と言うか、、、
いや、見習わなくてはいけないと思いました。

 

俺たちの料理のレベルでも
感動まではしてもらう事が出来なくても
少しは御客様に喜んでもらえるくらいは出来るし

接客だって

サービスだって

他所の店より喜んでもらえる事をしなきゃいけないんですよね

 

それが「突き抜けたお店」になる為の条件だもんね、、、。

本当に勉強になりました。。。

 

 

 

愛されるお店

世田谷深沢不動の博多ちゃんぽんの店『さいこんたん』で和風出汁ちゃんぽんの野菜増し。

美味しいです。

でも美味しいだけじゃないんです。

家族経営で
家族全員でお店を切り盛りしてるんだけど
この店の嫁さんが素晴らしい心のこもったサービスをするのですが
いつも子供を背中に背負ってサービスをするのです。

旦那様は厨房で料理を作り中華鍋を振り続けます。

母は洗い場で皿を洗ってます。

父も厨房で料理を作ってます。 

嫁は生まれたはがりの子供を背中におんぶしながら忙しく真心を込めてサービスをし続けます。

我々客は人によってサービスや接客で感動する定義って人それぞれで違うのかもしれないけれど
このお店は間違いなく誰が来ても真心を感じるに違いないです…

そりゃ愛されるお店になりますよね、、、。

俺たちも非力ながら

たくさんの御客様から

愛されるお店を目指そう!と、思いますが

愛される前に

御客様ひとりひとりに真心を込める事が大切ですね

時には御客様を真剣に愛してしまったりしてね( ̄▽ ̄;)

 

 

 

ここからが勝負!

先週の土曜の夜
お友達のハルピンが来てくれたので
久しぶりに渋谷の『琉球ビストロテヤンデー』に行って来ました。

このお店『琉球ビストロテヤンデー』は、強制的な立ち退きから移転をしたのが11月。

店の名前も
電話番号も
メニューも変わらないのに
何故か食べログはリセットされて
全くの新店舗として食べログに記載され
過去の口コミも
点数も全てリセットされて消えて以来
お客様までリセットされて来なくなってしまいました。

売上的には
移転する前の半分、、、

これは全くの想定外でした。

売上報告を見て「えっ!嘘だろ?」と、思う日が続きました。

この事態と現実を受け入れるまで、、、

てか

まだ受け入れて無いけど( ̄▽ ̄;)

何だか訳がわからんのですよね、、、

現場のスタッフの皆さんは良く頑張っているのですが、ここからいかにして突き抜けたお店に育てていくかが勝負だと思います。

当たり前の事をやっていても無理に決まってます。

当たり前でない事をやって

良い意味で御客様を裏切り続け
御客様の脳みそにインプットされる様なお店にならないとイカンのですよ。

 

 

 

我が創業の街にて

朝も早よからバスと電車を乗り継いで、我が創業の街 西荻窪に到着だす。

この駅に着くと
店が全く売り上げが無くて
この辺りで毎晩ビラ配りをしてた事を鮮明に思い出します。

駅前の『てんや』。

私の店『てやん亭”』に届くはずの荷物が
よーくここの『てんや』に届いてたっけなぁ~

昔良く仕入れしてた八百屋さん^ ^

この商店街をしばらく進み
左に曲がり
右に曲がった地下のお店に僕は25年前に小さな居酒屋さんを開店しました。

その当時の信用金庫さんが今でもメインバンクなので私はこうして西荻窪に来ます。

今日は昨年度の決算報告と昨年度の源泉税の納税です。

午前中に仕事を終えて昼メシ。

最近はここの支那そばを食べるのが楽しみです。

昔は必ず『はつね』でタンメン。

今はここのチャーシューワンタン麺。

最高に美味すぎて、、、

スープ全部飲み^ ^

 

支那そば いしはら 

東京都杉並区西荻北3-22-22

03-3395-8450

tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13032582/

 

 

 

 

※岩澤博のブログ「ガンさん日記」より、抜粋してお知らせいたしました。

2019/1/28 5:34 トピックス