テヤンデー・ジョウモン・ミートマン・バードマン・ごりょんさんのガンさんこと"岩澤博"率いるベイシックス・オフィシャルサイト

まるでプラモデルを作る様な遊び感覚で・互いの顔を見ながら・三鷹ナイト!・オトナ友達

2019.9.16 トピックス
まるでプラモデルを作る様な遊び感覚で

大尊敬する大先輩と

大好きなお友達と呑みっす

「Francfranc」の高島さん

またまた渋谷で新しいことを仕掛けます。

「それって遊びですか?」

みたいな感覚で新しいプロジェクトの話をしております。

凄いよね…

俺も見習わないと

遊びの中に仕事があって

仕事の中に遊びがあって

それがクリエイターの役割なんすかね…

我々飲食店は???

我々もクリエイターでないとダメっすね( ̄▽ ̄;)

とんでもなく大きなプロジェクトを

まるでプラモデルを作る様な遊び感覚で楽しそうに打ち合わせをしてる高島さんとキヨピー…

やっぱ仕事ってこーでねーとアカンね~

金本社長は若手の成長株のユージを連れて来た。

株式会社「ニュールック」

ご存知私の義弟君の金本氏。

御贔屓抜きで、僕が今一番注目してる経営者だ。

それにしても金本雄地、、、凄いね!イイね!

何でも興味持って

何でも吸収して

どんどん伸びてもらいたいね

 

色々な場所や人にアンテナ張ってさ、今は何でも吸収する時期

良い事も

悪い事も…

 

悪い事は

悪い事だと気付いたら

直ぐに手を引く事よね

何度も言うけど「人は人から学ぶ」んよね。

俺もそうだもん

 

Francfrancの高島さんや三山ちゃんと話しているだけで

話を聞いてるだけで勉強になるもん(下ネタ含めて)

 

一流の経営者って

やっぱ考え方も一流なんだよね

それを、少しでも肌で感じて吸収するんよね~

それから一流の人だけが持ち合わせている「運」

やっぱ一流の経営者の方は「運」も持ち合わせていると思うわけです(中尾センセイ談)

一流の人だけが持ち合わせている「出会い」。

出会いで人の人生って変わるんだもんね

出会い系では変わらないと思いますけどね(笑)

 

雄地よ!

良い出会いをしろよ!

その出会いが「良い出会い」か「良くない出会い」かを見極める力を今勉強する時期なんだからね~

良い出会いを引き合わせるのも

悪い出会いを引き合わせるのも

全て己個人の力量だと思うよ^ ^

偉そうに言えないけどね( ̄▽ ̄;)

 

 

 

互いの顔を見ながら

たまには昼メシでも食べながら、何でもない会話でもしましょうかね~

電話やLINEばっかりのやり取りになりがちな昨今です。

お互いの顔を見ながら食事をして会話をする事も必要ですもんね。

 

そんなランチMTG会場は

六本木のホテルグランドハイアットの目の前にある

ドライエイジングビーフステーキでは

あのウルフギャングよりもとっくの先にやり始めていたこのレストラン

「37ステーキハウス」

www.37steakhouse.com/roppongi

私も個人的にお世話になり

同じ血液型のB型でもあり

飲食界では「物忘れ大魔王」の異名を持つ

あの鈴木兄さんの経営するレストランです。

 

熟成させたお肉は丁寧にチャコールグリルで提供されます。

 

オーナーの鈴木兄さんから

なんと

高級シャンパンを二本もサービスして頂きました!

 

毎回のように思うんですが

私の名前で予約を入れると

必ずオーナーの鈴木兄さんの耳に入るらしく

こうして必ずいつも何かしらサービスしてくださいます。

そしてお店に顔を出して下さる事も多々あります。

凄いなぁ~

私とヤスはハンバーグランチ。

どちらも美味しいですよー

お土産まで頂きました!

スタッフの皆様!ご馳走さまでした!

勉強になりました!

 

 

 

三鷹ナイト!

良太のお店が焼き鳥を始めたと聞き

焼き鳥を食べに三鷹に来たよ

ひな酉 ふじ乃

fujino-mitaka.com/

焼き鳥はかなり本格的で美味しかったス!

もう一人の亮太クンのお店にも来た。

昔、同じ釜の飯を食べた仲の亮太クン

もう一人サブちゃんと言う友達が居て三人で良く朝まで呑んだわ…

三人とも同時期に独立してね

亮太クンが最初
サブちゃんが続いて
俺が一番最後に独立してね

店終えてから吉祥寺の良く亮太クンの家で三人で呑んだわな^ ^

懐かしいなぁ

あの頃の吉祥寺の亮太クンはかなりのイケイケでね

サブちゃんも自由が丘でイケイケだったなぁ…

そんな二人を西荻窪の俺は指くわえて見てたもんね。

 

亮太クンのお店の常連さんとも乾杯🍻

亮太クン

ご馳走さまね!

 

 

 

オトナ友達

台風一過のクソ暑い夜

台風一家のようなクソ熱い連中で亜久里クンの50代最後の誕生日をお祝いした。

 

オイラからの差し入れはこれだ

最近亜久里クンがお気に入りの焼酎。

しかも…

杜氏さんの直筆の誕生日メッセージ入りだ^ ^

 

二次会はカラオケ大会🎤

 

周りの同級生が次々と還暦に向けてカウントダウンに入っております。

考えてみると歳を重ねる毎にその時その時の友達も代わっている事に気付く

物心ついた幼少期から

小、中、高校と進み、社会に出た

社会に出て20代から30、40、50、と歳を重ねて来たが

ずっと長く付き合いが続いている友達はごく僅かだ、、、

社会に出てからの友達は

やはり仕事を通じて出会う友達が殆どだった

同じ会社の同僚ってヤツだ。

でも

今こうして小さな会社を経営してると、その「同僚」ってヤツが居ない(笑)

会社の同僚ってヤツ(人)が居ないのです。

会社の周りは皆んな部下だもんそりゃいないよね…

 

良く「経営者は皆孤独だ」と言う所以はその様な意味なのだろう。

それがゆえに経営者は特に同業者の経営者で集まりたがる。。。

僕はそーゆーのも苦手なのです。

僕は東京で同業者の経営者友達はいない。

そんな僕だけど

毎日通うスポーツジムで友達が出来た( ̄▽ ̄;)

その友達がこのメンバーだ。

「この歳で出来た友達って本当の意味での友達なんだ」と博多の八島八十吉が良く言っている。

だんだんその言葉の意味がわかってきた…

俺もあと1年と半年、、、

赤いちゃんちゃんこを皆の前で着せられて、派手な還暦祝いだけはやりたくない。

出来れば
いつものこの家族の様なメンバーで
地味に六本木の「くるくるBAR」で
しっぽりと還暦を迎えてみたいと思います

その為には

先ずは健康が一番って事ですね

先ずは健康

健康でいないと、、、

亜久ちゃん

59才おめでとう㊗️

お互い

呑み過ぎに注意だね!

 

 

 

 

※岩澤博のブログ「ガンさん日記」より、抜粋してお知らせいたしました。

2019/9/16 7:27 トピックス